about

私たちが岩手県紫波町で取り組む「オガールプロジェクト」は、町の中心で10数年塩漬けされていた町有地を活用し、農村と市街地が融合したあらたなライフスタイルを生み出すエリアを作り出すことを目指したプロジェクトです。

「OGAL+ness(オガールネス)」は、私たちのプロジェクト「OGAL」に、「ness=らしさ」をプラスしたネーミングです。


今回リリースするのは、毎日着てもへこたれないユニフォーム。
このまちと生きる私たちの生きていく姿勢の表明であり、日々その勇気をくれる相棒となってくれる存在です。

今回ユニフォームの共同開発をしてくださったブランド「LABOR DRESSSTAGE EQUIPMENT(レイバードレスステージイクイップメント)」は、岡山県で展開するデニムユニフォームブランドです。

ユニフォームは、一日のなかで身につける時間がいちばん長い衣服。
LDSE のユニフォームは着るほどに深みを増して価値があがっていくデニム生地を採用し、業種に合った最適な作業性を兼ね備えたアイテムラインを展開しています。

一人のワーカーの働きざまが刻まれたユニフォームが次のワーカーに受け継がれていく。時間をともに過ごしたいと思えるユニフォームでありたいとの思いで制作されています。

LDSE はワーカーのテンションをあげる舞台装置のように、日本の誇り高きワーカーを支えてくれるユニフォームブランドです。

自分らしく生きることを信じて、自分らしく生きる仲間を信じて、これからも私たちはそうやって、私たちの未来をつくっていきます。

そんな私たちのまいにちの勝負服、
よかったら、手にとってみてください。